会社沿革

1969年 3月  ポポロプラント設立
2016年9月  資本金を1,000万円から1,500万円に増資 
2016年10月  3次元計測業務を開始。(3Dレーザースキャナー+プラント用 点群処理ソフト+Auto CAD Plant3D)
2016年12月  無人航空機(ドローン)工場撮影の業務開始
2017年1月   VR(バーチャルリアリティー)による 3Dモデル作成 & レビュー業務開始                
2017年6月   業務拡大により3Dレーザースキャナー本体、点群処理ソフト、3D/4Dプラントモデルレビューソフト増設
2017年8月  業務拡大により「札幌事務所」を札幌駅前に開設し設計業務拡大を行なう
2017年9月  資本金を1,500万円から2,200万円に増資
2018年1月  業務拡大によりFARO製 3Dレーザースキャナー増設(計:3台所有) 
2018年1月  業務拡大により「袖ヶ浦事務所」をJR長浦駅前に開設。京浜・京葉工業地域の工場3Dスキャンに特化し、
        工場用3Dスキャナー計測&バーチャルリアリティー専用ブースを特設
2018年1月  資本金を2,200万円から2,700万円に増資  
2018年4月  業務拡大によりFARO製 3Dレーザースキャナー増設(計:4台所有)
2018年4月  資本金を2,700万円から3,200万円に増資
2018年6月  東京ビッグサイト「3D & バーチャルリアリティー展」出展
2018年7月  東京ビッグサイト「スマートエンジニアリング TOKYO 2018展」出展
2018年9月  ポポロ計測サービス株式会社を千葉県袖ケ浦市に設立
2019年1月  業務拡大により「千葉 姉崎事務所」 を開設
2019年2月  東京ビッグサイト「3D & バーチャルリアリティー展」出展
2019年3月  創立50周年
2019年4月  資本金を3,200万円から3,500万円に増資
2019年5月  川崎市産業振興財団 川崎市「元気企業」に選出される
2019年6月  札幌事務所を利便性の良い札幌駅近傍へ移転
2019年7月  東京ビッグサイト「プラントメンテナンスショー TOKYO 2019」出展  
2019年8月  「無人航空機(ドローン)の飛行に係わる許可」を国土交通省より拝受(飛行経路:日本全国)
2019年9月  川崎市「地域社会に貢献している川崎の会社」に選出される
2019年11月  特許庁に「ポポロプラント」商標登録出願
2019年11月  幕張メッセ「プラント補修・保全・長寿命化展」出展
2019年11月  川崎市生涯学習プラザ企業連携「バーチャルリアリティーで工場内を探索」の座学開講
2020年1月  「ISO 9001」品質マネジメントシステムの認証取得・運用開始
2020年2月  神奈川県 中原警察署殿と「災害発生時に伴う活動支援(ドローン)に関する協定」を締結
2020年3月  資本金を3,500万円から3,800万円に増資   
2020年4月  神奈川県知事殿より「かながわ SDGsパートナー企業」に選出
        (Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標) 

2020年7月  内閣官房 国土強靭化推進室殿、国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)を
        「事業継続(BCP)と社会貢献」双方の認証企業となる。
        (BCP:Business Continuity Plan 災害が起きても継続して事業が出来る強い企業として認証)New!!

2020年9月  第16回 3次元計測フォーラム「 SPAR2020J」に於いて「Webセミナー」を使用し
       「プラント設計発表」を行ない、これを皮切りに「YouTubeライブ配信」を開始   New!!
2020年10月  東京ビッグサイト「フードテック2020(食品工場に特化した設備・機器の展示会)」出展 New!!
2020年11月 水中ドローンを活用したプラント、工場設備の貯槽類 内面検査・調査業務を開始 New!!
2020年12月 資本金を3,800万円から4,200万円に増資 New!!